Discography Search


336件該当しました。
現在、91件目から、100件目を表示しています。
PREV PAGE NEXT PAGE

58年8月21日


CMS5 66880-2

▲UPヴェルディ:レクィエム

ザルツブルグ音楽祭のライヴ。
1998年にカラヤンの生誕90周年企画でEMIより世界初発売された。


【186】


STC91019〜20

SBT-2126

▲UPベートーヴェン:ミサ・ソレムニス ニ長調作品123

ウィーンでの録音。
セッション中、クレンペラーがコンサート・マスターの隣に椅子を置いて見学していたという。
この録音はステレオ・テープの質が悪く、最初はモノラルだけで発売された。
TESTAMENTからCD化されている。
リハーサル音源がある。


58年9月12日他


SBT-2126

▲UPベートーヴェン:ミサ・ソレムニス ニ長調作品123

EMIよりライセンス提供を受けているTESTAMENTレーベルが、1998年にフィルハーモニアとの同曲盤をCD化したときカップリングされた。原盤はEMIだが輸入代行の関係上、日本盤はユニヴァーサルから発売されている。
TESTAMENT盤には冒頭にシュワルツコップのインタヴィューが収録されている。
日本盤にもリハーサル風景の訳は添付されていない。


【187】


35739

TOCE-9091

▲UPモーツァルト:交響曲第38番ニ長調K.504《プラハ》

初出は60年録音のベルリン・フィルハーモニー管弦楽団との交響曲第29番のと組み合わせ。
ミサ・ソレムニスが予定より早く完了したため、残り時間で録音されたという。
TESTAMENTからもCD化されている。


【195】


POCL-9751〜9

▲UPベートーヴェン:交響曲第7番イ長調作品92

デッカへの初録音。
これを皮切りにウィーン・フィルハーモニー管弦楽団との集中的な録音を開始する。


【196】


POCL-9751〜9

▲UPブラームス:交響曲第1番ハ短調作品68


【197】


SXL2154(イギリス)

SXL2154(ドイツ)

▲UPR・シュトラウス:交響詩《ツァラトゥストラはかく語りき》作品30

やはりデッカへのホルスト:《惑星》やドヴォルザーク:交響曲第8番同様、この曲を有名にしたとされる録音。


【198】


POCL-9751〜9

▲UP[1]モーツァルト:交響曲第40番ト短調K.550、[2]ハイドン:交響曲第104番ニ長調《ロンドン》


【199】


POCL-9751〜9

▲UPJ・シュトラウスII世:[1]喜歌劇《こうもり》序曲、[2]アンネン・ポルカ作品117、[3]ヨゼフ・シュトラウス:ワルツ《うわごと》作品212、[4]J・シュトラウスII世:喜歌劇《ジプシー男爵》序曲、[5]ポルカ《狩り》作品373、[6]ワルツ《ウィーンの森の物語》作品325

詳細データ未入力。


59年8月5日


439 101-2

▲UPグルック:歌劇《オルフェオとエウリディーチェ》

これより11年前のザルツブルグ音楽祭上演の復活公演。
DGが正規契約で発売している。
カラヤンはこの曲を1度も録音していない。
アモーレ役は当初の予定ではアンナ・モッフォであった。


PREV PAGE NEXT PAGE
Script:CGIROOM
処理時間:0.015625